2016年9月25日日曜日

中之条ビエンナーレじゃない年に中之条を巡る

「チャツボミゴケ公園に行ってみんべ」と父が言うので、中之条(なかのじょう)方面へ行ってきました。
結論を先に言うと、雨脚が思いのほかすごくなってきたので、チャツボミゴケ公園には行きませんでしたが、充実した中之条旅ができました。


豪雨につき道の駅・八ッ場ふるさと館で引き返し


六文銭ピザ

吾妻方面に行けば行くほど豪雨になってきたので、春先にも来た道の駅「八ッ場ふるさと館」で引き返すことにしました。
八ッ場では六文銭ピザを堪能。
六文銭に見立てたオリーブが意外に美味です。

中之条は真田忍者の里(寺島進演じる出浦さん終焉の地でもある)ということで、こういった六文銭絡みのグルメが多数見受けられます。
大河ドラマ「真田丸」が始まるはるか昔から「真田の里」を打ち出しているので、真田丸が終了しても六文銭ピザは続けるのではと思っています。

おカイコパン

六文銭ピザのほかに変わり種として「おカイコパン」も購入。
中身は焼きそばです。かわいい。

◎八ッ場ダム関連記事

中之条ビエンナーレ端境期に「伊参スタジオ」へ


ジェット二宮

父「チャツボミゴケ公園はやめて、ジェット二宮でも見んべえ」
ということで、ほぼ一年ぶりに中之条ビエンナーレ会場の一つでもある「伊参(いさま)スタジオ」こと旧中之条町立第四中学校跡へ。
一年ぶりのジェット二宮は相変わらず異様なたたずまいでした。
なんでもこの「ジェット二宮金次郎像」は中之条ビエンナーレ2013の作品だったとかで、終了後も常設展示されている珍しい作品です。

◎中之条ビエンナーレ2013について

「倍音のへそ」(Overtone Navel)

伊参スタジオの中庭にて、なにやら懐かしい物体を発見。

「倍音のへそ」(Overtone Navel)内部

中之条ビエンナーレ2015の作品「倍音のへそ」(Overtone Navel)が残っていました!
昨年は大入りで中には入れませんでしたが、思う存分スティールパンを鳴らしてきました。
雨の中で聴くスティールパンの音色はなかなかオツです。

映画「眠る男」再現セット

一年ぶりに伊参スタジオの「眠る男」再現セットの中へ。
実は「眠る男」も、友人が大好きな同じ小栗監督作品の「死の棘」も、まだ観ていないのは秘密です。。

映画「眠る男」再現セットその2

昨年のビエンナーレでは、手前に犬が、奥に猫がいました。
一年前だけどすでに懐かしい。。
2017年度はどんな作品が生まれるのでしょうか?

◎中之条ビエンナーレ2015について

「眠る男」の小日向文世氏

スタジオ内の「眠る男」展示にて豊臣秀吉(とよとみ“の”ひでよし)こと若き日の小日向文世さん発見。
コヒ様はやっぱり堺雅人さんに似ているなあ。
真田丸はたまにしか見れませんが、先週の「信之」では最初から最後まで泣きどおしでした。
昌幸と縁を切れと家康に命令されたから、信幸から信“之”になったんだなあああああ(´;ω;`)ブワッ
本多忠勝の「殿に逆らったのは初めてだ」も泣いたなああああ(´;ω;`)ブワッ


岩櫃山が見えないので霊山たけやま(嵩山)へ


霧の中の嵩山

ビエンナーレ会場の一つでもある道の駅・霊山たけやまに戻ってきました。
これまた真田丸のオープニングCGでもおなじみの「岩櫃山」に出で立ちがちょっと似ていますが違う山です。
この日の岩櫃山は雲に隠れてしまっていて、全く見えませんでした。

アスレチックコーナーにも六文銭

道の駅にあるアスレチックコーナーのこんなところにも六文銭が!



あと、嵩山でポケモンGOをしていたら、レアポケモンの「ピッピ」を見つけました。
図鑑がどんどん埋まりつつあります。


◎岩櫃山・真田丸関連の記事

つむじの足湯

最後はTSUMUJIで四万温泉の足湯に。
実は道の駅八ッ場でも足湯に浸かったので、この日二度目の足湯です。
翌日も冷え込みましたが、靴下いらずのポカポカでした。

◎中之条つむじについて
今夜の真田丸は「昌幸」。
ついに昌幸パパが老いて亡くなる回です。
見られなそうなので、Twitterで「#真田丸」検索して一人で泣こうと思います。。

2016年9月17日土曜日

「武蔵野うどん」はスポーツだ!武蔵野うどん澤村



最近は浦和に出入りしております。
多忙でほとんど自炊できない日々が続いており、そのせいなのか体調も芳しくなかったりするのですが、そんな私の昼を支えてくれているうちの一つが今回紹介する「武蔵野うどん澤村」です。



タイプとしては熊谷の田舎っぺうどん(熊谷に住んでるのに「田舎っぺうどん」を食べないのはどこのどいつだい?)と同じく“武蔵野うどん”で、太固麺。
縦に置いたら立つんじゃないかというくらいに固くて真っ直ぐな麺です。
歯ごたえが強烈で、噛むのに夢中になりすぎると、途中少し息苦しくなってきます。
今まで三人の人と一緒に食べに行ったのですが、そのうちの一人は食べ終わったあと「プッハー」というか「ムッフー」というような、大きなため息をついて、壁にもたれかかっていました。
それはまるでスポーツ競技を終えたかのようなナイスなリアクションで、武蔵野うどんのヤバさを思い知らされたような場面でした。



麺の色は褐色がかっていて、小麦の殻もうっすら見えるほど。
味は「まるごと小麦!」という感じで、見た目、歯ごたえともに強烈なインパクトがあるので、好き嫌いがはっきり分かれるような気がします。
讃岐や水沢などに慣れ親しんでいる人や、やわやわな伊勢系が好きな人からすると「こんなのうどんじゃない!」となる恐れもありますが、食べず嫌いはもったいないので、一度は食べてほしいものです。

固いうどんといえば吉田うどんなどが有名らしいのですが、二度目に訪問したときに同行した吉田うどんも好きな友人によれば「今まで食べたうどんの中で一番固い」とのことだったので、固さは吉田うどんを遥かに凌駕するようです。

おすすめメニューはもちろん看板の「肉汁うどん」(780円)。
でもカレーうどんもおいしそうです。
それから、一点につき100円という超お手頃値段な野菜天ぷらシリーズ(玉子天もあり)も最高です。



私がいただいたのは、長野県産の舞茸天ぷらと神奈川は三浦産の山芋天ぷら。
舞茸天はジューシーかつサクサク、山芋天はシャキシャキなのにホクホク、な感じでした。



駅から徒歩5分くらいで、浦和在住の方以外も気軽に来れる距離だと思いますので、うどんに目がない方はぜひ浦和まで遠征しに来てください。
あと、向かいにある洋食屋さん「レストラン三喜」のナポリタンも最高なんですが、これはまた別の機会に紹介したいと思います。
浦和の現場からは以上です。

2016年6月27日月曜日

【八ヶ岳登山2日目】天空のお花畑・赤岳とダイアモックス効果がすごすぎるレコ

八ヶ岳登山(硫黄岳)の続きです。
2日目は赤岳鉱泉から行者小屋、地蔵尾根経由で赤岳に登りました。

県境尾根もしくは真教寺尾根

【2日目 赤岳登山】

  • 天空のお花畑がすごい赤岳
  • 大パノラマと雲海と富士山が見えた赤岳山頂
  • 行者小屋→美濃戸(南沢)下りが山行中一番つらい
  • ダイアモックス効果がすごすぎて怖い
  • 梅雨登山は家に帰ってからが本番

では2日目の結果報告~

2016年6月25日土曜日

【八ヶ岳登山1日目】モクモク硫黄岳・ステーキ赤岳鉱泉

4月の雪山トレッキングで惚れてしまった山小屋「赤岳鉱泉」に泊まりたくて、梅雨の晴れ間を狙ってまたまた赤岳に行ってきました。

前回→【残雪期】赤岳鉱泉のステーキ&雪山登山レコ

今回は1日目に硫黄岳、2日目に行者小屋を経由して赤岳への登山です。
二つの山に登るのなら、横岳も入れて縦走したほうが効率的なのですが、それじゃ赤岳鉱泉へ行けないじゃないか!ということで赤岳鉱泉をベースに「登って下りて」をしてきました。

硫黄岳山頂から赤岳、中岳、阿弥陀岳方面を望む
硫黄岳山頂から赤岳、中岳、阿弥陀岳方面を望む


記録に残しておきたいポイントをあげてみると、そこそこの分量になりそうなので、1日目を「硫黄岳と赤岳鉱泉編」、2日目を「赤岳とダイアモックス感想編」とに分けます。

【1日目 硫黄岳登山】

  • 堰堤広場アブに注意!
  • だだっ広い・ケルンがいっぱい硫黄岳山頂
  • ちょっと煙が出ていた硫黄岳の爆裂火口
  • 何を食べても美味しすぎる赤岳鉱泉
  • お風呂もすごい!赤岳鉱泉


【2日目 赤岳登山】

  • 天空のお花畑がすごい赤岳
  • 大パノラマと雲海と富士山が見えた赤岳山頂
  • 行者小屋→美濃戸(南沢)下りが山行中一番つらい
  • ダイアモックス効果がすごすぎて怖い
  • 梅雨登山は家に帰ってからが本番


では1日目から、はじめまーす。

2016年6月24日金曜日

埼玉ツアー「田舎っぺ」「慈げん」から「春日部の地下神殿」へ

熱海の温泉施設で働いている友人が、初めて私の住む埼玉に来てくれることになったので、埼玉ツアーをお互いに企画。
まずは熊谷の雪くま総本山「慈げん」に行きたいということで、案内してきました。

慈げんの和三盆レモンとブルーベリー、抹茶あずきミルク

んが、「慈げん」のオープンは11時半なので、その前に腹ごしらえを!ということで「田舎っぺうどん市役所前店」へ移動。